マノンレスコー チケット

新国立劇場オペラ「マノン・レスコー」公演スケジュール日程とチケット情報



狂おしいまでに愛された美少女マノンの物語。幻の公演がついに復活!


2011年3月、東日本大震災のため公演中止を余儀なくされた「マノン・レスコー」が復活!美しい容姿と確かな歌唱を誇るブルガリアの名花ヴァッシレヴァ、輝かしく力強い声が魅力のポルタなど、2011年と同じ主要キャストが揃い、デフロの美しく格調高いプロダクションでお届けします。
本作品はアベ・プレヴォーの人気小説に基づいた、プッチーニ3作目のオペラにして初めての成功作。自由奔放な美少女マノンと彼女に純愛を捧げる騎士デ・グリューの転落の物語を、むせ返るような情熱的、官能的な音楽が描き出します。

■スタッフ
【指揮】ピエール・ジョルジョ・モランディ
【演出】ジルベール・デフロ

■キャスト
【マノン・レスコー】スヴェトラ・ヴァッシレヴァ
【デ・グリュー】グスターヴォ・ポルタ
【レスコー】ダリボール・イェニス
【ジェロント】妻屋秀和
【エドモンド】望月哲也
【旅籠屋の主人】鹿野由之
【舞踏教師】羽山晃生
【音楽家】井坂 惠
【軍曹】大塚博章
【点灯夫】松浦 健
【海軍司令官】森口賢二

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京交響楽団

<あらすじ>
18世紀後半、フランスのアミアン。青年騎士デ・グリュ-は、修道院に入ることになっていた美しいマノンに一目惚れし、二人でパリに駆け落ちする。マノンはパリでの貧乏暮らしに嫌気がさし、大蔵大臣ジェロントの愛妾に。贅沢だが愛のない生活に空しさを覚えたマノンの前にデ・グリュ-が現れ、愛を確かめ合う。そこをジェロントに目撃され、マノンは姦通の罪で流罪に。後を追ったデ・グリューと共に流刑地アメリカで荒野をさまようが、衰弱したマノンはデ・グリュ-の腕の中で息絶える。

公演期間2015/3/9(月) ~ 2015/3/21(土・祝)
会場新国立劇場 オペラパレス (東京都)
出演者など[演出]ジルベール・デフロ [指揮]ピエール・ジョルジョ・モランディ [独奏・独唱]スヴェトラ・ヴァッシレヴァ(S) / グスターヴォ・ポルタ(T) / ダリボール・イェニス(Br) / 他 [演奏]東京交響楽団 [合唱]新国立劇場合唱団
注意事項未就学児童は入場不可。各種割引に関する詳細は問合せ先まで。
公演などに関する
問い合わせ先新国立劇場ボックスオフィス:03-5352-9999


チケットぴあで購入
》》》新国立劇場 オペラ マノンレスコー チケットはこちら
icon









コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。